一般社団法人日本公衆衛生看護学会

利益相反(COI)に関する指針・規程等

 一般社団法人日本公衆衛生看護学会(以下,「本会」という)は、公衆衛生看護の学術的発展と、研究・教育及び活動の向上と推進をめざし、もって国民の健康増進と社会の安寧に寄与することを目的としている。本会は、この目的を達成するために、次の事業を行っている。
 ①学術集会の開催 
 ②学会誌等の発行
 ③公衆衛生看護学の研究、公衆衛生看護活動及び保健師活動の推進 
 ④その他本会の目的達成に必要な事業。なお、事業の実施にあたっては、さまざまな分野の保健師等の共同により推進している。

 本会の学術集会・刊行物などで発表される研究においては、ケアの対象者を被験者とするさまざまな調査研究、実践研究および実験研究が行われるが、この過程で産学連携あるいは研究機関と事業所による共同の研究・ 開発が行われる場合が少なくない。このような産学連携による研究は公衆衛生看護学の進歩のためにきわめて重要であるが、研究によって得られる成果の社会への還元(公的利益)に加え、産学連携に伴い取得する金銭・地位・利権など(私的利益)が発生する場合もある.これら 2つの利益が研究者個人の中に生じる状態が利益相反(conflict of interest:COI)である。COI 状態が深刻な場合、研究の方法、データの解析、結果の解釈が歪められるおそれや適切な研究成果であるにもかかわらず、公正な評価がなされないなどの中立性、公明性を欠く可能性がある。

 本会は、その事業の遂行において会員に対して COI に関する基本的な考え方を示す.これによって、本会の研究の中立性と公明性を確保し、且つ公衆衛生看護学研究を積極的に推進し、社会的責務を果たす。

(一般社団法人日本公衆衛生看護学会の学術活動の利益相反(COI)に関する指針より引用)

 

利益相反(COI)関連ファイルのダウンロード

Word版・PDF版ともに内容は同じで、以下の5点をzip形式で掲載しています。
・一般社団法人日本公衆衛生看護学会の学術活動の利益相反(COI)に関する指針
・一般社団法人日本公衆衛生看護学会の学術活動の利益相反(COI)に関する規程
・様式1 本会の学会誌等で発表を行う著者の利益相反(COI)申告書
・様式2  役員などの利益相反(COI)申告書
・学術集会演題発表時COI開示例

ページの先頭に戻る