一般社団法人日本公衆衛生看護学会

重要なお知らせ

感染症法改正に関する声明発出についてのお知らせ

 一般社団法人日本公衆衛生看護学会(理事長:麻原きよみ)は、「感染症法改正に関する声明」について、2021年1月26日に公式ホームページ(https://japhn.jp/)に公表いたします。
 国会で審議中の感染症法の改正法案について、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の患者・感染者が入院措置や検査を拒否した場合、感染に関する情報提供を拒否した場合に罰則を科すことを導入するとしています。
今回の法改正で、宿泊施設利用や入院勧告、情報提供を拒否することに対して、罰則による強制的な措置を行うことで、検査を受けない、検査結果を隠す、症状を隠すなどの行動が引き起こされ、感染拡大につながる恐れがあります。また、罰則導入により感染者の差別につながり、人々の不安が拡大することが危惧されます。
 今まさに最前線で人々を支援している保健師は、これまでも人々との関係を築きながら丁寧に個別対応を行ってきました。しかしそれが強制措置となることで、人権を尊重した支援・公衆衛生ではなくなってしまうことが危惧されます。
 以上から、「公衆衛生看護の活動の向上と推進、国民の健康増進と社会の安寧」を目的とし、多くの保健師資格を持つ会員を有する学会として、感染症法の改正法案に反対する声明を発出いたします。

プレスリリース(PDF)
声明文(PDF)

学術集会

学術集会名 第10回日本公衆衛生看護学会学術集会
テーマ 平時が大事!リスクに備え「生」を衛るポジティブヘルス
日程 2022年1月7日(金)~1月9日(日)
会場 大阪国際会議場
学術集会会長 松本 珠実 (大阪市健康局健康推進部)
学術集会副会長 岡本 玲子 (大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻)
ホームページ http://web.apollon.nta.co.jp/10ja-6gnphn/index.html

学会誌最新号

巻頭言

研究

活動報告

広報委員会報告

編集委員会企画

ページの先頭に戻る