一般社団法人日本公衆衛生看護学会

委員会活動

委員会名をクリックすると、詳細が表示されます。

編集委員会

委員長

和泉 比佐子(神戸大学)

副委員長

大森 純子(東北大学)

委員

安斎 由貴子(宮城大学)
和泉 京子(武庫川女子大学)
表 志津子(金沢大学)
蔭山 正子(大阪大学)
北岡 英子(神奈川県立保健福祉大学)
鈴木 良美(東京医科大学)
都筑 千景(神戸市看護大学)
平野 美千代(北海道大学)
 オブザーバー
 岡本玲子(大阪大学)

活動目的

学会誌の編集及び発行を行うことを目的とする。

活動内容

学会誌「日本公衆衛生看護学会誌」(英文名:Japanese Journal of Public Health Nursing)の編集に関する次の事項を行う。
1. 学会誌の編集方針、内容、体裁に関する事項
2. 投稿原稿の採否に関する事項
3. 学会誌の発行に関する事項
4. 投稿規程に関する事項
5. その他編集に関する事項

学術実践開発委員会

委員長

岸 恵美子(東邦大学)

委員

赤星 琴美(大分県立看護科学大学)
安齋 由貴子(宮城大学)
池戸 啓子(新宿区)
加藤 京子(東京都予防医学協会)
佐川 きよみ(葛飾区)
鈴木 由里子(横浜市)
吉岡 京子(国立保健医療科学院)

活動目的

1.公衆衛生看護学会における日本版「公衆衛生看護」の定義及び公衆衛生看護学の体系案の広報・普及と見直し
2. 優れた実践を学術が協力して発掘、検証し、普及、蓄積
3. 「奨励研究」の公募・表彰

活動内容

1.公衆衛生看護学会における日本版「公衆衛生看護」の定義と公衆衛生看護学の体系を一体化させ、図式化(日本語/英語)などを図る。
2.公衆衛生看護学の体系と実践の融合を図るために、実践知のまとめを行うような研修会を行う(例:「事例をまとめる」3回シリーズ:20人程度の小グループで実施)
3.学術集会でワークショップ等を開催し、公衆衛生看護学の体系と実践の融合を図る(「事例をまとめる」研修の報告など)
4. 「奨励研究」の公募・審査・表彰を行う(財政状況が可能な場合)

教育委員会

委員長

松本 珠実(大阪市阿倍野区保健福祉センター)

委員

奥津 秀子(横浜市緑区保健センター)
岸 恵美子(東邦大学看護学部)
新家 静  (高槻市保健センター)
中嶋 寿絵(富山県立総合衛生学院)

活動目的

公衆衛生看護を取り巻く健康課題や社会情勢に将来に渡って対応できる保健師の教育の充実を目指し、保健師基礎教育の充実及び現任教育の推進を図り、以て公衆衛生看護の質の向上に寄与することを活動の目的とする。           

活動内容

1.保健師基礎教育に関する課題整理
  ・委員会の開催 3回
  ・保健師基礎教育に関する文献検討
2.現任教育における先駆的取組み事例の収集
  ・行政/産業保健/学校保健分野での人材育成計画やガイドラインなどを収集
3.「公衆衛生看護のグランドデザイン」の普及啓発
  ・総会の場を活用した発信 

研修委員会

休会

国際委員会

委員長

荒木田美香子(国際医療福祉大学)

委員

石丸美奈(千葉大学)
遠藤雅幸(新宿区)
髙橋 勇太(横浜市)
臺有桂(国際医療福祉大学)

活動目的

1. 会員に有用な公衆衛生看護に関する国際的な研究・教育および活動の情報を収集し周知する
2. 諸外国に有用な日本の公衆衛生看護に関する情報を発信する。
3.Global Network for public health nursingとの連携を図る。その他、関連する国際学会等との交流など必要な事項に対応する。

活動内容

1.(1)諸外国の公衆衛生看護に関する動向をホームページにて紹介し、メールマガジンにて周知する。
  →諸外国の公衆衛生看護活動
 (2)国際学術関連情報として、学会案内をメールマガジンで配信すると共に、学会参加者の声をホームページに掲載し、それをメールマガジンにて周知する。
  →海外学会参加報告
2.に掲載されている日本の公衆衛生看護に関する情報を適宜更新する。
3.Global Network for public health nursingとの連携に関し、年4回のSkype会議に参加するとともに、必要な事項を行う。
4.その他必要な事項に対応する。

広報委員会

委員長

野村 美千江(愛媛県立医療技術大学)

副委員長

中村 富美子(静岡県沼津市立大岡小学校)

委員

窪田 志穂 (愛媛県立医療技術大学)
御小柴 朋子(横浜市立大学 学務・教務部 保健管理課)
谷口 瑠美子(JR東海健康管理センター 新大阪健康管理室)

活動目的

1.本学会の活動を広く社会に発信し、法人として社会的責任を公示する。
2.会員の公衆衛生看護に係る活動に役立つ情報を随時発信し、蓄積する。
3.会員間の学際的交流の場を提供し、学会としてのポテンシャルを高める。

活動内容

1.学会活動の公示
2.関連情報の発信
3.ホームページの管理・改良
4.現場保健師のネットワークづくり

倫理委員会

委員長

鳩野 洋子(九州大学)

委員

岡 順子(熊本県健康福祉部)
緒方文子(大分県立看護科学大学)
後藤智江(福岡市城南区保健福祉センター)
嶋津多恵子(国立看護大学校)
住徳松子(アサヒビール株式会社博多工場)
松尾和枝(福岡女学院看護大学)

活動目的

研究倫理審査を実施し、その過程において生じた課題に対しての改善策を検討するとともに、本学研究倫理審査委員会の活用の周知を図る。
・保健師実践における研究倫理に関する実態を周知するとともに、課題に対して学会として実施すべき事項を検討する。

活動内容

1.申請に基づくメール審査または研究倫理審査委員会の開催審査および結果通知
2.研究倫理審査運用の検討・改善
3.倫理委員会の開催
4.研究倫理審査の普及活動
5.保健師活動実践における研究倫理の実態に関する周知と課題への対応の検討

表彰委員会

委員長

大神 あゆみ (大神労働衛生コンサルタント事務所)

委員

嘉代 佐知子 (横浜市)
嶋澤 順子 (東京慈恵医科大学)
水嶋 明子 (岡山県)
山口 佳子(東京家政大学)

活動目的

1.本会会員であり、本会の目的の達成に貢献のあったものを表彰規程に基づき表彰する
2. 必要に応じ表彰規程の見直し、改訂を行う
3.表彰制度の周知・充実を図る

活動内容

1.表彰規程・表彰方法等の見直し・改訂を行う
2.表彰規程に基づき、受賞者を選定、理事会に推薦する
3.学術集会時に表彰を行う
4.学術実践開発委員会と協力し、表彰事例の周知を行う
5.必要に応じ表彰規程を見直す
6.表彰を通して優れた公衆衛生看護の評価軸を言語化する

選挙管理委員会

委員長

岡島 さおり (札幌市)

委員

浦井 史恵 (志ぶ家)
大野 順子 (東京家政大学)
鎌田 久美子(前全国保健師長会会長)
飛田 千絵 (横浜市)

活動目的

公衆衛生看護学会の目的に適った役員を選出するため、公正かつ効率的な選挙事務を行うことを目的とする。

活動内容

 選挙人・被選挙人名簿の管理および選挙の告示から投開票に至るまでの事務等について、公正性・正確性を確保しつつ効率的に実施できるよう、その手法の選定に向けて以下の事項に取り組む。
1.前年度までの選挙方法に関する評価
2.当学会の運営実態および会員の状況に応じた選挙のあり方に関する検討
3.第4期(2020-2021年度)理事・監事候補者選挙の実施方法に関する検討
4.理事会および他委員会との連携・調整

災害支援検討委員会

委員長

藤原 啓子(横浜市健康福祉局)

委員

大木 幸子(杏林大学)
斎藤 恵子(郡山市保健福祉部)
佐伯 和子(元北海道大学)
高本佳代子(熊本市健康福祉局)
藤井 広美(杏林大学)

活動目的

災害保健活動に関する情報化・可視化を行い、成果や課題、方向性の検討等、災害保健活動の充実につながる発信を行う。

活動内容

1.災害保健活動実践自治体や関係団体の取組状況の把握
 被災自治体の長期の保健活動の現状と課題の把握、情報化
2.学術集会でのワークショップの開催
 災害経験自治体・関係機関の活動を通した課題共有・方向性の検討
3.災害保健活動の円滑な確立に向けた本学会の役割の検討
 他の災害支援対策に比して長期にわたる、また平常時からの活動と連動する特徴を持つ災害保健活動の、確実で質の高い実施を支援する本学会の役割検討

認証制度検討委員会

委員長

中板 育美 (武蔵野大学)

委員

藤原千秋(東京都多摩府中保健所)
鵜沼陽子(埼玉県国保医療課)
永田智子(慶応大学)
高橋郁子(帝京平成大学)
荒木田美香子(国際医療福祉大学) 
橋本結花(元日本看護協会) 

活動目的

「学会が行う認定・認証制度の創設」に関する合意形成のもと、認証制度の具体案が提示できる

活動内容

            
1.学会認証に向けた意見集約と課題発見→方向性の決定
 委員会開催(3回)
 学会員へのWeb調査(認証および認証領域に対する意見集約)  
2.学会でのワークショップ 「学会が行う認定・認証制度について」
 WEB調査結果の速報とヒアリング結果(29年度)の周知および意見集約
3.学会認証制度の申し合わせ事項(案)の作成

 

ページの先頭に戻る