一般社団法人日本公衆衛生看護学会

活動写真一覧

活動写真を募集しています!(広報委員会)

このページに掲載する公衆衛生看護活動の写真を募集します。 職場や地域の風景や住民の皆さんと共に活動する場面など、是非お気軽に応募してください。詳細は募集記事をご確認ください。たくさんの応募をお待ちしています!
応募方法など詳細はこちらをご確認ください。

住民と協働で立ち上げたサロンと一体型の保健室

三鷹市西部地域包括支援センター「のぞみサロン&いのじん保健室」 当地域では小地区での通いの場が充実してきました。地域に出向き、早期からの気軽な相談の場を作りたいと考えていたところ、体操教室の参加者からおしゃべりの会もあったらいいな、という声があがり、住民と共に『のぞみサロン&いのじん保健室』を立ち上げました。地域の薬剤師、看護師、ケアマネ、様々なボランティアの方等にも声かけを行っています。受診や薬、介護サービスのことなど日頃のちょっとした疑問について、会話を通して自然と相談につながるなど、顔の見える関係作りが広がり始めています。 http://www.kosaien.or.jp/

事業場における救急対応を学ぶ産業看護職

事業場において緊急事態が発生した際、産業看護職には的確な判断と適切な救急対応能力が求められます。 そこで、「産業看護職のための救急対応研修」で一次救命処置と応急処置(ファーストエイド)等に関する最新の知識と技術を学びました。質の高い心肺蘇生法(Cardiopulmonary Resuscitation:CPR)を習得するために、和気あいあいとしながらも真剣にトレーニングしているところです。 (投稿者所属:藤沢タクシー株式会社)

みんなで一緒に考える事例検討会(愛媛県宇和島保健所)

宇和島保健所では、平成28年度から毎月事例検討会を開催しています。日本看護協会「実践力アップ事例検討会」の手法を用い、負担は少なく、楽しく和やかな雰囲気で、所属課や係、職種を問わず誰でも参加でき、事例提供したい人が続出しています。新任期のみならず中堅期・管理期保健師にも学びや発見があり、人材育成としても有意義な場となり、市町保健師の参加も歓迎していることからよりよい連携の促進にも繋がっています。

ページの先頭に戻る